小中ふれあい交流 6月16日(水)

4、6年生は、中学校に行き、それぞれ中1、中2の生徒の皆さんと交流をしました。去年まで一緒に小学校で過ごしていた中学1年生ですが、開閉会式の進行やゲーム説明をする際に分かりやすいように言葉を選んだり、間を取ったりして話す姿、ゲームの最中に丁寧にサポートしたり、小学生が困らないように気遣う姿、終始、笑顔で和やかに、楽しく運営する姿に、見た目だけでなくすっかり中学生らしい姿になっていることを感じました。5年生は、小学校で中学3年生の皆さん、パスセイロの選手の皆さんと交流しました。5年生と中学3年生が同じグループになり、一緒にパルセイロの選手の皆さんが提案してくれたゲームに楽しく取り組んでいました。

全校田植え 6月9日(水)

普段は5年生が中心となり、毎年お世話になっている佐藤さんに教えていただきながら米作りを進めていますが、田植えと稲刈りは全校参加で行います。田植え後は、5年生が毎日、田に出掛けては、水と苗の管理をしています。 全校田植えでは、5年生の的確なリードのもと、真剣に田植えをする姿、教え・助ける姿が見られました。また、ペアの低学年の児童に体を寄せ、見守りながら作業を進める高学年の児童の姿や高学年の手先をじっと見つめては、自分でコツをつかんで植えようする低学年の児童の姿が見られました。

なお、この日の午後にはAC長野パルセイロの選手(木島平村21ホームタウンパートナープレイヤー)が来校し、5年生と一緒に田植えをしました。初めて田植えをするというパルセイロの選手に対し、「僕たちは、もう5年間も田植えをやっているんだから」と得意げに田植えの仕方を教える5年生の姿が印象的でした。

素晴らしかった運動会 6月5日(土)

新型コロナウィルス感染拡大予防の為、今年の運動会も半日の開催になると共に競技・表現の内容を変更して行いました。このような状況下ではございましたが、子どもたちは、運動会に向けて、熱心に練習に取り組んできました。5日(土)当日は、天気もなんとか持ち直し、PTA役員の皆様に朝早くからご尽力いただきながら濡れていたグランドの状態を整備し、運動会を無事実施することができました。どの種目においても子どもたちはこれまでの練習の成果を十二分に発揮し、伸び伸びと表現したり、熱心に競技に取り組んだりと頑張りました。運動会後、保護者の皆様から温かな感想の言葉をたくさん頂戴しました。ご来場いただいた皆様の心に届く運動会になったかと思っています。

PTA作業ありがとうございました

5月15日(土)に今年度、第1回目のPTA作業が行われました。2年ぶりに行われたこの日、6年生と各学年の2組の保護者の皆様にご参加いただきました。

5月中旬とは思えない程の暑い日となりましたが、グラウンドの草取り、校舎内のトイレ掃除に分かれ、時間いっぱいお取組みいただきました。

普段に掃除ではなかなか落とせない便器の黄ばみとりをはじめ、床やかべもきれいにしていただきました。
5月に入り草が一気に増えてしまっていたのですが、おかげですっかりきれいになりました。保護者の皆さんの力ってすごいですね。

子どもたちにとってPTA作業は、お家の方々が自分たちの学校生活のために頑張ってくださっていることを直に感じることのできる機会の1つでもあります。作業をしてくださった保護者の皆様に子どもたちと共に感謝申し上げます。 

学年の様子から(5月)

6年生が、学校の代表として「苗木頒布会」に参加しました。苗木を村の皆さんに手渡す際、はきはきとした口調で受け答えする姿は、さすが本校の6年生でした。

5年生が、今年度初めてのプログラミング学習、今年から自分のタブレットPCを使って行います。それぞれが、PCやアプリの機能を使いこなそうとする姿に驚かされました。

4年生が、しいたけの駒打ちをしました。森林組合の方々に教わったり、グループの友達と協力しながら、原木にドリルで穴を空けたり、木づちを使って駒を打ち込んだりしました。

一人一人が「自分の命を自分で守る」意識を

4月7日(水)から、新しい登校班での集団登校が始まりました。それにあわせて、14日(水)は登校班会が開かれました。1年生から6年生までが一同に集まり、班員同士で互いに自分たちの歩行や横断の様子を振り返り、安全な登校の約束を確認しました。その後、集団下校訓練を行い、職員が子どもたちと共に通学路を歩き、子どもたちの歩行や通学路の様子などを確認いたしました。登校時にはPTA校外指導部員をはじめ地域の皆様方にも見守っていただきました。ありがとうございました。

22日(木)には、交通安全教室を行いました。低学年の歩行訓練では、1年生と2年生がペアになり歩きました。学校の周りの道路を二人で前後に1列に並び歩きました。歩道がなく白線の中を歩いていく道もたくさんありましたが、1年生の子どもたちは、2年生の後についてはみ出すことなく、しっかり歩くことができました。2年生の子どもたちは、よくコースを覚え、歩くときはしっかりリードをして1年生の前を歩き、横断のときは1年生の手をとり横一列に並んで安全確認をしていました。また、優しく声をかけたり、横断の仕方をしっかりと説明したりと、上級生らしい姿が随所でみられました。3年生以上は校庭の模擬道路を使って、自転車乗りの講習を受けました。子どもたちは、自転車の乗り方の説明を受けた後、早速自転車に乗りました。一時停止の所ではしっかりと止まって左右や後方の確認をし、しっかりと前を向いて走行することを意識しながら乗っている姿が見られました。

4月30日(金)は、避難訓練を行いました。どの学年も混乱なく落ち着いて避難することができました。振り返りでは、『おはしも(おさない、はしらない、しゃべらない、もどらない)』のめあてから、二つのこと「話さずに放送や先生の話を最後まで聞く」「落ち着いて安全にすばやく避難する」を確認しました。

日頃から学校が安心安全な環境を整備していくと同時に、どんな状況でも、自分自身で「聴」いて考え判断できる「自分の命を自分で守る」意識を子どもたちに持たせていきたいと思います。ご家庭でも、日頃から安全についてお子さんと話題にしていただけるとありがたいです。

授業参観・学年・学級懇談会  4月16日(金)

授業参観、学年・学級懇談会には、多くの保護者の皆様に来校いただきありがとうございました。それぞれの学年で、気持ちを新たに担任の先生と友だちとで熱心に学習に取り組む子どもたちの様子をご覧いただきました。 

本年度も、保護者の皆様とともに、学校教育の充実を図って参りたいと思います。皆様のご理解とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

感染拡大予防のため、参観の制限や時間の短縮等をさせていただきましたがご協力をいただき、誠にありがとうございました。

新入生42名を迎え、木島平小学校新たなスタート                                          4月6日(火)入学式

元気いっぱいの新1年生42名を迎え、全校児童217名で令和3年度の学校生活がスタートしました。一年生の皆さん、ご入学おめでとうございます。新入生の生き生きとした姿に接し、保護者の皆様の熱いまなざしを感じるにつけ、さらなる責任の重さを感じております。職員一同、子ども達の豊かな育ち・学びのために、ご家庭のご協力をいただきながら、日々の教育活動に励んでいきますので、宜しくお願いいたします。