投稿者「kijimaadmin」のアーカイブ

今年も全校田植えが行われました。

  7日(火)に全校田植えが行われました。今年も、秋においしいお米を収穫するために、5年生を中心に小学校の田んぼで青々とした小さな苗を手稲に植えていきました。低学年の子たちは高学年のペアのお兄さんお姉さんに手をひかれながら、ヌルっとした泥の中に足を踏み入れ、その感触を楽しみながら笑顔で田植えをしていました。運営していた5年生の姿からは、田んぼを地域の農家の方に任された責任感があふれていました。これから5年生が水の管理をはじめとして、稲の世話をしていきます。秋においしいお米が収穫できるのが楽しみです。

運動会が行われました

5月28日(土)に第13回校庭大運動会が行われました。当日は朝から天候にも恵まれ、気持ちの良い五月晴れの中、児童・保護者・地域の皆様の笑顔にあふれた運動会になりました。ここまで、各学年練習を積み重ねてきた成果が発揮され、どの種目も盛り上がりを見せました。紅組も白組も全力で競技に向かい、22対22で引き分けという結果が発表された瞬間に子どもたちの笑顔とお互いをたたえる拍手であふれたのは、本校らしい姿だったと思います。当日までお支えいただいた保護者・地域の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

交通安全教室がおこなわれました 4月22日 金曜日

 22日(金)に交通安全教室が行われました。1、2年生は実際に道路へ出て、安全な歩き方を学びました。去年は教えられる側だった2年生が優しく手をひきながら、安全について1年生に教えている姿を見ると、1年間での成長を感じます。また、3年生以上は、グラウンドに作られた模擬コースを利用して、自転車の安全な乗り方について学びました。村の駐在さんをはじめとして、地域の安全協会、ボランティアの皆さんに指導をしていただきながら、自分の命を守るために、大切なことを勉強しました。学んだことを大切に、毎日の登下校やお出かけの際などに交通安全を心掛けて生活してほしいと思います。

1年生をむかえる会が行われました 4月20日 水曜日

 20日(水)の2時間目に新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、延期となっていた1年生をむかえる会が行われました。当初の予定とは異なり、1年生と6年生のみで行う形となりましたが、ここまで1年生のために6年生が準備してきた成果が発表されました。内容は、1年生に向けた学校生活を紹介する劇と学校の場所当てクイズが行われました。また、6年生の手で装飾された会場の様子からも歓迎の気持ちが伝わってきました。1年生も最初は緊張した様子でしたが、劇やクイズを通して、楽しみながら学校について知ることができ、最後は笑顔であふれた会になりました。6年生も1年生の姿から大きな達成感を感じることができたと思います。

新たに36名の仲間が木島平小学校に加わりました 4月6日 水曜日

 4月6日(水)に入学式が行われました。当日、体育館には36名の元気で初々しい歌声が響きました。村長さんや校長先生からこれからの学校生活についてのお話とお祝いの言葉をいただき、目を輝かせている1年生の姿がとても印象的でした。新型コロナウイルス感染症対策のため、体育館には新6年生のみの参加となりましたが、1年生に向けて校歌を歌う姿から新たに学校の代表となった緊張感や新入生を歓迎する気持ちが伝わってきました。これからの1年間、木島平小学校の子どもたちがどんな成長の姿を見せてくれるのかとても楽しみです。

1年の活動のまとめ 児童総会が行われました 2月15日火曜日

今年度の児童会活動の締めくくりとなる児童総会が行われました。今年は新型コロナウイルス感染症対策のため、体育館に集まらずに相互通信アプリを利用して各教室を繋いでの児童総会となり、普段とは異なる雰囲気ではありましたが、今年一年間立派に最上級生として児童会を引っ張ってきた6年生から一年間の活動報告がありました。また、そんな6年生に「○○の活動がとても楽しかった。」「○○が良かったので、ぜひ来年も続けてほしい。」といった、今年の成果を伝える3,4,5年生からの発言がたくさんあり、時間内に全員がしゃべれないほどでした。最後に、全校の承認に対して、大きな声で「ありがとうございました」と一礼をする6年生の姿からはやり切ったという思いがあふれているようでした。きっと、来年度もそんな6年生の姿を受け継いだ5年生が、児童会を引っ張っていってくれることと思います。

米作り、収穫祭を迎える 11月30日(火)

5年生中心に取り組んできた米作り、今年も美味しいお米ができました。大変お世話になった地域、保護者の皆さん、そして、一緒に田植えや稲刈りをしてくださったAC長野パルセイロの選手の皆さんに御来校いただき、収穫祭を行いました。感染拡大予防のため、昨年に引き続きオンライン中継により、5年生の発表やお世話になった方のお話を、各教室で視聴しました。

給食は、今年も炊きたての新米、そしておかずには、各クラスで育てられた野菜が入っていました。子どもたちは、今年の田んぼや畑での活動を思い出しながら、木島平の恵みを十分に楽しみました。

参観日・PTA講演会 11月19日(金)

授業参観では、各クラスで人権に関連する授業をご覧いただきました。その後のPTA講演会では、講師に一般財団法人日本ペップトーク普及協会、セミナー・講演認定講師の徳武有紀氏をお迎えし、「子どもの好き!を応援する言葉がけ~子どもを信じる大人であり続けるには~」という演題でご講演をいただきました。「受容」「承認」「行動」「激励」の4つのステップからなる、ペップトークについて、具体的な子育ての場面を例に挙げ、限られた時間の中で、大変分かりやすくお話をいただきました。保護者の方々からは、「つい、言葉がきつくなってしまう。言い換えていきたい。」「待つことが大切だと分かった。」「まだまだ自身の言葉の訓練が必要。」など、心に響くお話だったとの感想が聞かれました。

PTA作業ありがとうございました 11月13日(土)

春に引き続き、2回目のPTA作業。今回は学年ごとに分かれて、みどりの森の冬囲い、クロススキー開始に向けたスキー・スキー靴・靴を入れるロッカーの準備、校舎各トイレの清掃、校庭の落ち葉掃きを進めていただきました。短時間のうちにどんどんと作業が進められていく様子に、保護者の皆様の姿がとても心強く、また大変有難く感じられました。こうして多くの保護者の皆様に支えられながら、自分たちは学校生活を送っていることを子どもたちに伝えていきたいと思います。