丸山佑一郎さんと水・命について考える会

 体育館にギターの音色が響きました。いつもの体育館が一変し、コンサート会場になりました。気持ちがゆったりとリラックスできる空間、時間となりました。演奏もさることながら、珍しい素朴な音が楽しい楽器の紹介や紙飛行機が私は特に心に残りました。震災の話もされて、今(これから)からでも私たちにできることが数多くあることも示してくれたように思います。また、こんなに間近でギターの音色を聞くのは初めてだった子もいるかと思います。心に残る時間になっただろうと思います。