中国の小学校の様子を聞いて…「えー」「いいな」「がんばろう」

校長先生のお話がありました。今回は、校長先生が中国の小学校に毎年いっておられる高主さんをお呼びしてくださいました。中国のある小学校には3000人の子どもたちが通っていることや食事をするために家に帰ることなどを興味深くお話ししてくださいました。また、中国の子どもたちとの交流も進められており、現地の子どもたちがかいた絵や習字も見せてくださいました。22日より校内に展示をして、交流に興味があったらお手紙を書いてくださいと最後に子どもたちに話されました。学校だけでなく、正解につながりを求めていく木島平小学校です。子どもたちがどんな手紙を書いてくれるのか楽しみですね。